周りからの配慮

医者

うつ病に罹患をしている人がいると、その人に対する接し方も色々考えてしまうということがあるでしょう。周りの人の言葉によって症状が悪化をすることも十分考えることができるので、専門のクリニックを受診して症状を緩和させたほうがよいでしょう。

詳しく見る

通院に掛かる費用とマナー

カウンセリング

ひと月に掛かるうつ病の治療費は約10,000円から15,000円ほどのため、自立支援医療制度を使うことが人気になっています。また、病院で治療を受けることがうつ病との正しい接し方ですが、通院先では院内ルールを守り、マナーにも配慮しましょう。

詳しく見る

早期発見が大事な病気です

病院

大切な家族がうつ病に罹ってしまうと、不安や悩みを持たれている人が多いですが、正しい接し方を知っておくと患者の回復が速くなることもあります。病気が疑われる場合は精神神経科に通院させることが大事です。抗うつ剤や抗不安薬は大変有効です。

詳しく見る

精神疾患の特徴と対処

男性

鬱病には大うつ病性障害と双極性障害の2つがあります。大うつ病性障害は負の意識をもちやすく、接し方は注意が必要です。双極性障害は高揚感と喪失感の起伏が激しく、診断も治療も難しいうつ病です。とくに家族全員接し方を考慮せねばなりません。

詳しく見る

家族の協力も必要な病気

看護師

うつ病は傍から見ればただ元気がなく落ち込んでいるだけと見えてしまいますから、ついつい励ましたり叱咤激励をしてしまったりしがちです。しかし、その接し方は間違いです。適切な治療と継続的な投薬によって改善していく脳内の病気ということを認識しましょう。

詳しく見る

病気を理解しよう

女性

休養が大切です

うつ病になると気力が低下し、仕事も普段の生活もままならなくなってしまうこともあります。そして、家族や周囲の人もどのように接すれば良いかわからないと悩むことも少なくありません。うつ病になると頑張りたくても頑張れないという状態になってしまいますが、周囲はそのことがわからず、つい励ましてしまいがちです。この励ましが本人にはかえって負担となることもありますので、接し方としては温かく見守ることも大事です。うつ病は検査などでわかる病気ではありませんし、手術をすれば治るという病気でもなく、周囲には理解されないことも珍しくありません。本人は決してやる気がないのではなく、動きたくても動けないなどつらい症状で悩んでいます。それゆえ、怠けているのではなく病気であるということは理解してあげましょう。接し方としては元気にしてあげようとして逆効果になることもあります。無理に遊びに誘うなど元気づけるようなことは避け、まずはゆっくりと休養を取らせてあげることも大事です。うつ病の人は想像以上に心や体に疲労感を感じていますので、その疲れを取り除いてあげることも大事です。決断力も鈍っている時期ですので、重要な決定の時は急がす本人の決断を待ってあげましょう。家族や友人がうつ病になってしまい、突然別人のように変化してしまい、戸惑ってしまう人もあります。このような場合は今まで通りに接すれば良いのか、接し方でも悩むところですが、つらい病気も治療を行うことで改善できますので治る病気であるということも理解しておきましょう。うつ病の人にはどのような接し方が良いのか分からない場合は、患者さんと一緒に医療機関に訪れることもおすすめです。うつ病の症状がありながらも医療機関に行っていないという人もありますので、まずは診察を受け、本人にも病気であることを自覚させてあげることも大事です。診察の際は、それぞれに合う治療方法が提案されますし、家族がどのように接すれば良いのかのアドバイスを受けることもできます。書籍やインターネットでも情報を得ることができますが、中には間違った情報もありますので、鵜呑みにせず医師の意見を聞いてみることがおすすめです。うつ病の治療は薬中心に行われますが、良い改善のためには正しい服用が大切です。薬をきちんと飲んでいるかもチェックしてあげましょう。

Copyright© 2018 うつ病患者との正しい接し方|医師の意見を聞いてみることがおすすめ All Rights Reserved.