家族の協力も必要な病気

看護師

投薬が必要な病気です

家族の誰かの様子がいつもと違っている場合、それはうつ病かもしれません。うつ病は誰にでも発病するものですし、きちんと治療することで改善が期待できます。しかし、当の本人からしてみれば自分がうつ病であるということをなかなか認めたがりません。どうしても病気に対してネガティブなイメージを持ってしまうのでしょう。症状を改善するためには周りの環境を変えることや、症状によっては適切な薬の服用が必要になってきます。それから家族の接し方も大切なのです。心療内科を受診する前に、患者本人にうつ病かもしれないから適切な治療を受けなくてはならないという意思を持たせることが大切です。認めたくないあまり処方された薬の服用を拒否されてしまっては、良くなるどころか悪化する可能性もありますから注意が必要です。最終的な判断は医師とのカウンセリングによって決められますが、辛そうな症状に合わせて気持ちを落ち着かせる漢方薬など服用してもらえることもありますから、気になるようであれば受診することをお勧めします。また、家族も一緒に受診することによって患者への接し方のアドバイスが頂けるでしょう。家族がうつ病になるとどう接したら良いか分からなくなってしまいます。傍から見ればただ怠けているようにも見えてしまう症状ですから、ついつい強く当たってしまったり逆に励ましたりしてしまいますが、これは症状を悪化されているだけで良い接し方ではありません。うつ病は本来気真面目で頑張り屋さんがかかりやすい病気です。自分の許容範囲を超えて頑張りすぎたあまり、脳内では神経伝達物質がうまく働かなくなったりバランスが崩れたりすることによって発病します。心の病気と勘違いされがちですので、うつ病患者と接する時には脳内の分泌がうまくいっていないから発病するのだという認識をまず持つことから始めましょう。次に必要以上に声をかけたり励ましたりすることはおすすめできません。励ましの言葉は患者本人からすれば頑張りすぎたあまり病気になってしまったのにこれ以上何を頑張れば良いのかと焦りと不安を感じてしまいます。家族からすれば接し方が分からず不安になってしまいますが、今までと変わりなく普通に暮らしていれば大丈夫です。

Copyright© 2018 うつ病患者との正しい接し方|医師の意見を聞いてみることがおすすめ All Rights Reserved.